中小企業組合士が4名、産業カウンセラーが1名となりました。

ichimura 市村

2021.03.21

令和2年度の試験で新たに2名の職員が合格。
弊組の中小企業組合士は計4名となりました。

 

中小企業組合士とは、組合事務局で働いている役職員が、職務を遂行する上で必要な知識(組合制度・組合運営・組合会計)に関する試験で、中小企業庁の後援、都道府県中小企業団体中央会の協力で実施し、試験合格者の中から一定の実務経験を持つ方に、中小企業組合士の資格を与える試験制度です。

 

日本にある協同組合は、現在42,000組織。
中小企業組合士は、全国中小企業組合士協会連合会の主催で1982(昭和57)に設立された約40年の実績、全国での資格所有者は現在約3,000人です。

 

また、産業カウンセラーが1名となりました。

 

産業カウンセラーとは、職場においてのメンタルヘルス対策やキャリア開発、職場における人間関係開発の援助を目的とした資格で、1960年創設(日本産業カウンセラー協会)された資格です。

 

今後も健全な組合運営に努め、中小企業の組合員様に役立つよう努めて参ります。